家庭教師選びの情報ならお任せ!

家庭教師の料金体系2

・チケット制タイプ

授業をチケット制で販売を目的とした業者で複数回のチケットを一括で購入させるといった業者がいます。そういったサービスを行っている業者は途中で家庭教師を変えたいとか会社を変えたいときにそのチケットが残っていたらそのチケット分の料金が無駄になってしまい、業者側もそれが目的でサービスを悪くしたり、教師の態度が悪いとかいったサポートは期待できないでしょう。

・違約金タイプ

ある一定(半年・一年)の期間の契約を行い、途中で解約したいときに違約金として、お金を請求してくる業者がいるのでそういった会社はサポートも充実していないのが多いので契約は止めた方が良いでしょう。また契約するときは契約内容をこと細かく見たほうが良いでしょう。


・入会金多額タイプ

家庭教師の契約の際に入会金に「教師選抜費」「調査費」「受験対策費」などの適当な項目を並べ料金を割り増しで請求してくる業者います。

広告に載っている料金は安価で契約するときになって広告の料金より高い金額を請求してきますので注意しましょう。広告にお金をかけている会社はそういったものが多いので注意しましょう。

check

ブランデー 買取

2019/3/1 更新


Copyright (C) 2008 My Teacher Just Do It. All Rights Reserved.